環境活動

長崎三共有機はエコアクション21を通じて環境問題に積極的に向き合い持続可能な社会を目指して日々活動をしています。

長崎三共有機はエコアクション21を通じて環境問題に積極的に向き合い持続可能な社会を目指して日々活動をしています。

環境方針

長崎三共有機株式会社は、汚泥発酵肥料の生産を通じて循環型社会構築に貢献すると共に、企業として積極的に地域の声に耳を傾け地球環境保全に取り組みます。 環境経営システムの構築・運用に当たって以下の行動指針を定め、その方針に基づいて自主的・積極的に環境保全及び継続的改善に努めることをここに誓約します。

  1. 1. 当社は環境への負荷削減のために、環境活動として次のことを重点的に取り組みます。
    (1) 省資源・省エネルギー活動の推進
    事業活動における購入電力・紙・水等の資源、化石燃料等の消費量の削減により二酸化炭素の排出量の削減を図り、環境への負荷の低減に努めます。
    (2) 廃棄物の削減・分別・処理、リサイクル活動の推進
    ①事業所から排出される廃棄物量を削減し、リサイクル活動を推進します。
    ②受託した廃棄物の適正な処理とリサイクル活動を推進します。
    ③旧最終処分場(安定型・管理型)をはじめ、当事業所にある施設の適正な維持管理を行います。
    (3) 節水活動の推進
    水使用量の削減を図り、水資源の保全に努めます。
    (4) グリーン購入の促進
    エコマーク商品等環境にやさしいグリーン購入に努めます。
    (5) 製品・サービスへの環境配慮
  2. 2. 環境関連の法律、規制、協定などの要求事項を遵守し、更に自主管理基準を設定し事業活動を行います。
  3. 3. 環境活動レポートを定期的に公表し、社内外への環境に関する情報の提供を行います。
  4. 4. 地域社会の一員として地域環境活動や施策に積極的に協力します。
  5. 5. 社員及び要員に対して、環境方針の周知徹底を行います。

平成30年7月27日
長崎三共有機株式会社
代表取締役
澤山 茂広